多め勢の話

≫ 多め勢のあゆみ

 

「多め勢」のルーツは、大正初年、熊本市辛島町にて、現当主田口俊英の曽祖父・六車初次が開業したそば屋「為朝(ためとも)」に始まります。
 その後「為朝」は、大阪の地で六車初次の娘夫婦に引き継がれます。現当主は「為朝」で修行を積んだのち、「為朝」の「為(ため)」を貰い、昭和43年3月、福岡市天神にて「多め勢」は開店されました。


「多め勢」の手打ちの技法は、江戸前蕎麦の手打ち職人によって伝えられた“三本麺棒”による技術が元になっています。 特に「為朝」三代目・永岡柳祐が完成した“大玉打ち”の技法(畳三枚に広がり、一度に約60人前のそばを打つ技術)は全国でも珍しいものです。


「つなぎを入れず、そば粉のみで、一本の麺棒で打つそば」


これは田舎蕎麦と呼ばれる、色の黒い、ポキポキとした短いそばです。 この蕎麦は、いかにも蕎麦そのものの風味があって味わい深いものですが、江戸中期以降に江戸っ子の舌をうならせる蕎麦が誕生します。それが、「つなぎを少し入れて、三本の麺棒で、一度に大量に打つ」“江戸前そば”です。

ツルツルと喉越しの良い“江戸前そば”は、伝統の味であり、「多め勢」のルーツです。

≫ そばへの想いと、こだわり

 「多め勢」がもっとも「そば店の基本」として考えているのは“食は材料にあり”ということです。
開店以来、当主自らが足を運び、厳選した食材を揃え、最高のおもてなしをご提供できるように常に最高の材料を追求しつづけています。その味を是非、お楽しみください。

そば粉 信州信濃大町の石臼挽きそば粉
わさび信州穂高町特産生わさび
こんぶ北海道利尻島香深産天然利尻昆布
山いも丹波産特選つくねいも
小豆丹波産特選手選小豆
  • 多め勢について
  • 多め勢の店舗経営
  • そば職人 求ム!!
  • もなか
  • ネットショップ
  • 自然食品の店ファーム